ネット上のトラプル その1

実は土曜日からとんでもないトラブルに対処していました。miyajukuのドメインをおいてあるレンタルサーバーから、「お宅のワードプレスにウィルスがおかれ迷惑メールを大量に送っているので対処して下さい」といったメールが届いたのです。このblogを読んでいらっしゃるお母さんにはちょっと説明が必要ですね。

ドメイン → ネット上の住所のようなもの。皆さんもメールを使うときに@docomo.co.jpなどというドメインを使っているはずです。@miyajuku.comというドメインで塾のメールやホームページなどの所在を示します。

レンタルサーバー → メールやホームページ映像授業などを格納しておく場所のこと。皆さんもniftyなどのプロバイダーと契約してホームページなどをおいているのではないでしょうか。ネット上の貸家みたいなものです。

ワードプレス → 最近のホームページはほとんどこのワードプレスというプログラムで作成されて動いています。オープンソース(誰でも自由に無料で使える)のプログラムです。miyajukuのページもこのワードプレスで作りました。

迷惑メールはmiyajuku.comのドメインで送られるので、攻撃された相手は私が加害者だと理解するはずです。普通に考えるとお金を払ってサーバーを借りているのですから、ウィルスにかかったとしたらサーバーの会社が責任もって対応すべきでしょう。しかし送られてきた文面からは「うちは関係ない」といった態度が見てとれました。

困った。とにかくサーバーをとめました。ということは、メールもホームページも映像授業も使えなくなってしまうということ。土曜日の夜のことです。

この話は続きます。