新高1生(現中3生)の準備講座

今日は「習字の筆っこ」の第1回の体験授業。小1生が2人と小2生2人が参加してくれました。「楽しかった」とうれしい言葉と笑顔を残して終了。体験授業は来週、再来週と続きます。まだ定員まで少し余裕があります。ちょとでもご興味のある方は無料体験を受けてみてください。

中3生も今日から「新高1準備講座」のスタートです。3月中に数学は「数と式」の単元を終わらせておきます。英語は5文型をしっかりと学習し、教科書を購入しだいレッスン1はしっかりと予習させる予定です。

今日も話をしましたが、中学と高校の違いは「自由」ということです。先輩たちに聞くとわかるように「高校ってここまで自由なの」というぐらい自由です。この自由をはき違えて「何もしなくて良い」となってしまう高校生の何と多いことか。

「自由」なのですから、自分なりに目標を持ち、自分のペースで物事を進めていくことが出来るはずなのです。大切なのは「何もしないための自由」ではなく、「何かを成し遂げるための自由」だということを自覚することです。

高校入試はゴールではなくスタートです。ある意味では、ここからの学習こそが重要だといって良いでしょう。入試が終わったばかりですが、3月中の授業で、中3生たちにはしっかりとそれらのことを伝えておきたいです。