お仲間の先生方との情報交換

今日の午前中は、宮前平の「FORPASS進研」という塾にて、今年の中学受験の総括と情報交換のためにいくつかの塾が集まりました。おっきな塾には真似の出来ない生徒ひとりひとりの個性に合わせた学校選びのアドバイスなどは、こうした仲間の先生方からの情報が頼りです。

ひとりで集められも情報には限りがありますし、業者などが開催するセミナーの情報も役には立ちますが、大きな枠組みのインフォメーションになりがちです。△△の問題は国語が難化して平均点が48点になったようだ、とか、どことどこを併願して○○を選ぶ生徒が増えたようだ・・・ などと細かい情報ですが、それこそひとつひとつが「生きた情報」であることに違いありません。

小さな学習塾には、小さな学習塾なりの行き方があると考えています。それは、塾長であるわたし自身が足で、目で、肌で感じ取ってきた情報をお伝えできることです。そのためにも「今年の受験の様子」をしっかりと感じるために、今週と来週はあちこちに出かけていって「生きた情報」を収集してきます。

さて、今日は3月11日です。あれから3年が経ちました。昨年は、春の被災地支援のドキュメンタリー映画の上映会、個人的なボランティア活動、生徒を連れての夏のボランティア活動と、わたしに出来る範囲での支援をおこないました。今年も、5月の連休を利用して、卒塾生を誘ってのボランティア活動を計画しています。

この記事を読んで、参加してみよう、という卒塾生がいましたらわたしまで連絡下さい。写真は大川小学校です。人生の半ばで生を断ち切られたこどもたちをはじめとしたたくさんの犠牲者の方々に心から合掌です。

大川小学校