明日と明後日は保護者会が続きます。

今日の午前中は、引っ越しだった息子の手伝いに横浜まで。明日には転勤先に。新しい環境の中で頑張って欲しいです。

大人にとっては、仕事というものが自分と社会をつなぐ接点です。何がしたいか、ではなく、仕事を通じて自分に何ができるのか、をいつも考えていて欲しい。それがわたしの思いです。

ともすると「自分の思い」や「自分の夢」を前面に出すことが良いことだとされる時代です。もちろん、そのことは良いことだと思います。「自分の思い」はすべての原点です。ただ、一方で、自分という「個」は「社会」とつながってはじめて生きていけます。

一方的な「自分の思いや夢」ではなく、社会の側から見た「自分」を意識すること。「自分」と「社会」をつなぐにはどうしたらよいのか、といった視点。今の教育の現場では、そうしたことを教える機会があまりに少ないように感じられます。

わたしは、miyajukuという場を通じて、こどもたちにいつもそんな観点から「自分」をとらえ直すことをしてもらいたいと、はたらきかけを続けています。そうした気持ちを持つことで、初めて「自分を鍛える」といった発想が生まれてくると考えるからです。

さて、明日と明後日は、新学期に向けての「保護者会」を数回に分けておこないます。パワポ資料の作成、配付資料の作成など、ちょっと滞っています泣き笑い 一年をスタートさせるにあたり、まずは保護者の方に今年度の総括と、来年度の予定をしっかりとお伝えできるような説明会にしたいです。