過去問演習と歴史ダイジェスト

いつものように受験学年中心の土曜日です。

今日からは、小6受験生たちの過去問演習がはじまります。それぞれの受験校の過去問題を時間通りに解き、その場で採点、できなかった問題を1対1で解説していきます。これを2月1日までに10回ほどおこなっていきます。過去3〜4年分のすべての回をやり終えます。

おっきな塾では、やっとけよぉ、となるところを、miyajukuでは塾に来させて、時間をはかって、ひとりひとりに先生をつけてやります。それだけ、過去問演習を大事にしている、ということです。この演習で、生徒たちはしっかりと受験を突破するチカラをつけていきます。

もうひとつ。

昨日、映像授業について話をしました。小6受験生たちの今日からの宿題です。「歴史ダイジェスト」の映像授業です。歴史をもう一度、サァーっと復習してもらうにはちょうど良い量の映像です。自宅で時間のあるときにPCかタブレットで視聴してもらいます。

こんなふうにタイミング良く、効率的に使っていけば、映像授業の効果は大きいです。さらに、トータルとしての学習をコーディネートできる指導者がいてこその映像授業だということです。

歴史ダイジェスト