藤沢翔陵高校

今日は「藤沢翔陵高校」の学習塾向け説明会にうかがってきました。小田急江ノ島線の善行駅を下車して徒歩1分という立地にあります。周辺には神奈川県の教育センターや体育センターがあって、教育環境としては申し分のない場所です。

高校からの募集をしている学校としては県内唯一の男子校です。専任の先生方もすべて男という、とても男くさい学校です。でも、生徒と先生の距離は近く、良い兄貴、良いオヤジ、といった先生がそろっていると思います。男子校ならではの気楽さ、ありのままの自分をさらけ出すことのできる学校生活、みな仲間という意識、男結力が育つ、といった男子校の良さをアピールしています。

私は以前からこの学校の「特進コース」に注目をしています。藤沢翔陵高校はそれほどレベルの高い学校ではありません。正直、オール3の生徒が入学していきます。そんな生徒たちを鍛え直し、MARCH以上に合格させる、ということは並大抵のことではありません。公立高校であればまず不可能です。そんな大変なことに挑戦しているのが特進コースです。

この春の実績は、横浜市大/1名、早稲田/1名、上智/1名、青山学院/1名、立教/1名、中央/1名などといったものです。20名ほどの生徒の出した実績です。いつもいっていますが、勉強は積み重ねです。いきなりできるようになるものではありません。中学から高校に進学して、劇的に変わることもほとんどありません。そんなこどもたちをかえるためには、徹底的に寄りそって、徹底的に鍛え直す以外にないのです。ただ、それを実際にやってくれる学校は滅多にありません。

自分を変えたい、と思っている男子。我が息子をかえたい、と考えているお母さん。藤沢翔陵の特進コースを選択肢のひとつに加えてみてはどうですか? それと、商業科もお薦めです。高校での勉強に何となく目的をもてそうもない男子生徒。簿記などの教科を学ぶことで新しい世界が開けてくるかもしれません。とにかく、皆と同じように、という考えから脱却することで開いていく未来がある、という考えで説明会等に行ってみてください。

それと、藤沢翔陵高校の文化祭で、なんとあのカノンがオープニングでミニコンサートをおこないます。男子高校生にカノンの歌がどうひびくのか。楽しみです。

藤沢翔陵