スタート模試

今日は「中学受験スタート模試」です。

miyajukuの私立中学受験クラスは小5から(来春の2月から)スタートです。現小4の生徒たちが受験しています。模試のあと、お母様方向けの「周辺中学の受験について」という説明会も実施します。

中1生と中2生は、朝から「神奈川全県模試」を公開会場で受験しているはずです。学校の絶対評価ではなく、県内の同学年の中学生の中での自分の相対評価を知り、志望校との距離をきちんとわかっておいてもらいたい、といった目的で実施します。

問題は今まで学習してきた範囲の中での公立高校入試の形式、難易度に準拠したものです。はっきり言って難しいはずです。学校の定期試験のように「できない問題」はない、といったわけにはいきません。ある意味では「できない問題」ばかりでしょう。そうした「最終目標」を知ることもこの模試の目的です。

受験学年がゴールに向けてスパートする時期、再来年以降の受験生たちにとっても、おぼろげながらゴールを意識した学習をスタートさせる時でもあります。