クリエイティブスクール

今日は「神奈川全県模試」という模試会社のセミナーに出席してきました。

模試の志願者動向や県教委から発表になっている定員増や定員減、改編によって、各高校の来春入試がどうなるのかといった予想を中心としたものでした。

miyajukuの中3保護者の方もみなさんも喉から手が出るほど欲しい情報かと思います。ただ、塾に戻ってきてから様々に仕事があって、今日はまとめるのが不可能です(^_^;)

明日にはmiyajuku周辺校の予想動向だけでもまとめたいと思います。

ひとつだけ・・・

昨日、大和東高校が1クラス減で、大和南高校が1クラス増、ということを書きました。なんで同じ市内でこんなことをするのだろう、とも書きました。実は、大和東高校は来春から「クリエイティブスクール」になるのですね。それを見逃していました。

クリエイティブスクールとは、田奈高校、大楠高校、釜利谷高校が指定されていたものです。田奈高校のホームページにはこんな風に書かれています。

「クリエイティブスクール」は、中学校までに、持てる力を必ずしも十分に発揮しきれなかった生徒を積極的に受け入れ、さまざまな教育活動をとおして、これからの社会生活をよりよいものにする意欲と他者との関わりを大切にしながら、主体的に学び、考え、行動する「社会実践力」を育む学校です。

中学時代なかなか学校に通うことができなかった生徒、全然勉強に取り組むことがなくて成績が低い生徒などを対象とした高校です。したがって、入試も一般のものとは違い、基本的に「面接+小論文」となっています。小論文といっても、大和東高校は「自己表現活動」になっています。

クリエイティブスクールに通うような層の生徒が増えているのが現実なのでしょう。来春、大和東高校と大井高校の2校が指定を受けるようです。

大和南高校の1クラス増については、明日、他の高校と一緒に書きます。