小学校で英語教育が教科化

2008年から小学校の英語教育がスタートしました。2011年からは必修化され、週に1回(45分)ほどの授業が担任によっておこなわれています。それが2020年から以下のように変わることになっています。

小学5、6年生については週に3回「教科」として授業を受ける。
小学3、4年生については週に1回〜2回の外国語活動を導入。

とくに小学5。6年生については、検定の教科書が使用され、数値による評価もおこなわれることになります。また、基本的な「読み」と「書き」も導入され、専門の英語教員が指導することになります。あくまでも答申の段階ですが、正式に決まれば、2018年から移行期間として徐々に導入がはじまるはずです。

さて、皆さんはこの小学校への英語教育の本格導入をどう考えられますか? わたしはどちらかというと反対です。

ひとつは、他の教科の時間数を削ることなく英語を教科化することにより、授業時間のやりくりが大変だろうからです。文科省は、夏休みなどの長期休暇の利用や、朝学習や放課後学習時の利用などを提唱していますが、これらの時間はすでに読書の時間などにつかわれています。さらにはプログラミングまで小学校の授業に押し込もうとしているのですから、小学生がどれだけ忙しくなるか、今から心配です。

もうひとつ。英語ができるようになることと早期教育は必ずしもリンクしないと考えるからです。早い段階から英語の音や英語の雰囲気に接して楽しいなと思うことは大事でしょう。でも、それよりも論理的な思考を身につける事を小学校の早い段階ではやるべきだと考えます。もっと日本語のチカラを、日本語による思考を磨く時間を持った方が良いということです。

「R」と「L」の聞き分けや発音ができなくとも、英語でのコミュニュケーションはできます。なにも「R」と「L」の発音のために早期に英語の学習を始める必要はないのでは、と考えます。Japanese Englishで良いでしょ。そんなことより徹底的に日本語を使った論理的思考法を学んだ方が良いのではないでしょうか。

とはいっても、数年後には小学校の教科としての英語の授業はスタートするわけです。保護者の方もそうしたニュースには注意をしておいた方が良いです。