昨晩の高2生の補習授業の様子

昨日の高2生の補習授業の様子です。

高2補習授業

miyajukuは一斉授業にこだわっています。かといって、個々に対応していない、ということではありません。この補習授業は、半分は各自の学校の英語の教科書に準拠した予・復習を、半分は同じように各自の学校の進度に合わせた数学の予・復習にあてられています。

今時の大学入試は多様化しています。指定校推薦でなくとも、AO入試や公募推薦入試など、筆記試験だけの一般入試以外の選抜機会もあります。学校成績があって損をすることはありません。

ただ、だからといって学校の学習に張り付いていては、一般入試で合格できるだけの入試突破力を身につけることは不可能です。ですから、miyajukuでは、一斉授業で大学入試に対応できるチカラの養成、こうして補習授業で学校の学習への対応、といったシステムで学習を進めています。

ですから、1学年の人数を5人〜6人といった人数に制限させてもらっています。なぜって、生徒個々の英語の教科書の単語テストや熟語テストを作るだけでも膨大な時間を要するからです。

残念ながら、高2クラスと高3クラスは定員になっていて募集はしていません。新高1クラスのみ、あと1名だけ受け入れることが可能です。入塾を希望する方はお早めにどうぞ。

また、miyajukuのこうしたシステムは、高校生だけでなく、中学生も小学生も基本的に変わりありません。集団指導にこだわりつつ、ひとりひとりに対応した指導。そこらへんの個別指導に通うよりも数倍のコスパがありますよ(^^)