つらい1日

今年もつらい合格発表になってしまいました。

間違いなく、今年のmiyajuku中3受験生の中で最も自分を追い込んだ2人が不合格になってしまいました。かなりの倍率が出た時に「高いレベルでの挑戦になる」ことはわかっていました。ぞれでも、もっと何かできなかったか、といった思いがかけめぐっています。

△△は、それなりに手応えのあった入試でした。だから、今日の結果は本人がもっともつらかったはずです。それでも塾に寄ってくれて、こらえていたのでしょう、ぽろぽろと大粒の涙をこぼしました。申し訳ない思いでいっぱいです。

○○は、私の前では、何もなかったかのような様子でした。でも、心の中はかなりざわついていたはずです。もう入試はいやです。大学入試は絶対に指定校をねらいます、って・・・ そんなことを言っていきました。やっぱり申し訳ない思いがわき上がってきます。

いろいろと伝えたいことはたくさんあります。

でも、

君たちの挑戦は美しかった。

今日はそれだけを言っておきたいと思います。

同時に、私自身もまだまだ修行が足りません。高みを目指す生徒たちにしてあげられること。まだまだあるはずです。今日は私もかなりへこんでしまっていて、どうすることもできませんが、しばらくたって、自分をもういちど見直します。

△△の大粒の涙。私は絶対に忘れません。3年後。心の底からの喜びの涙を流しましょう。