冬の小学生のテキスト作成

そろそろ冬期講習です。毎日、その準備に追われています。高3生はひとりひとりの受験校の過去問題をネットで落としてきて印刷、整理。センター試験に向けては、各予備校から出ている「青パック」や「赤パック」を準備と・・・

今日は、小学生のテキストづくりをしました。

基本は塾専用教材や市販教材を使いません。わたしがつくります。といっても、いつものように「ハーバー学習システムメビウス」があるので、そんなに面倒な作業ではありません。何万問ものデータベースの中から問題を選び出すだけです。それでも、今年の生徒たちの学習の様子を思い浮かべながら出題する問題を選択していきますから、完全にmiyajukuの生徒のためのオリジナルです。


しかも、このシステムでは、できなかった問題については、即座に「類題」が出題されるようになっています。解答用紙のバーコードを読み取ると、膨大な問題データベースからPCが類題を探し出してきて出題してくれます。ひとりひとりの「できなかった問題」だけの繰り返し演習になるわけです。この冬は、2回まで追いかけようかと思っています。冬の講習期間は短いですが、その短い時間を集中して有効に利用し、2学期範囲までの徹底復習が目標になります。


miyajukuのテーマは「個別より、ずっと個別」です。

冬の講習の学習スタイルもしっかりと言葉通りの準備をしていきます。