東京大学への推薦合格

東京大学が今春からはじめた推薦入試。どんな人が合格したんだろう、とちょっと調べてみたらこんな人がいました。

人工知能の研究したい 推薦で東大合格の泉丘高・篠田さん
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20170210102.htm

この篠田さん。miyajukuでも使っている「自動車型ロボット」を使ったサッカー大会に出場したことなどが、東大への推薦合格の理由のひとつになっているとのこと。このロボットの元になっているものをつくられている (株)ダイセン http://www.daisendenshi.com/kyoiku/ の社長さんが、先日のワークショップにも来られていて、全国大会に出るようなロボットを実演していただきました。

ちょっと前であれば、こんなロボットをプログラミングで動かして、なんて様子を親が見ていたら、そんなことして遊んでないで机に向かって勉強をしなさい、となっていたはずです。今は違いますね。こうしてロボットプログラミングを究めていけば、東京大学への推薦合格もあるのですから。

何度も何度も繰り返しますが、ものすごい勢いで世の中が動いています。その根っこのところにあるのは、働く、ということが変わっていきつつある、ということです。子どもたちにはそのことは理解できません。親がしっかりと時代を見きわめて子どもたちを導いていく必要があります。少なくとも、従来型の思考では、こりからの時代を生きていくチカラは身につかないことは確かです。また、学校任せにしていてもダメなことも間違いありません。

難しい時代です。でも、子どもにとっっては親がすべてです。だからこそ「難しい」とだけ言っているのではなく、柔軟に時代に対処していきましょう。私も学習塾という立場から、miyajukuに関わられているお子さんとお父さん、お母さんには、できる限りの後押しをしていきたいと思っています。