定期試験と県高校入試の違い

今日の午前中は年に1回の健康診断。とりあえず、総合コースということで様々にチェックです(^_-)

明日で中学校の定期試験はすべて終了です。ご苦労さまでした。ということで、ここから新学期までは勉強のことは忘れて・・・ というわけにはいきません。

ここから新学年での授業がはじまるまでの1ヶ月ちょっと。この時間をどう使うかで、たとえば現中2生の来春の高校入試の成否は決まっていきます。

何度もいっていますが、今の県高校入試の問題と、学校の定期試験の問題の間には、根本的な発想の違いがあります。これは、良いとか悪いとかの問題ではなく、拠って立つところが違うからなのです。

学校の定期試験は、学んだ知識がしっかりと身についているかを確かめるもの。

県高校入試は、身につけた知識をしっかりと活用できるかを試すもの。

この違いをしっかりと理解して学習を進めていくことです。難しいですよね。何をいわれているのか、お母さん、お父さんもわからないですよね。生徒には授業の中で何度も繰り返して話をします。保護者の方には、3月11日の「新学期説明会」でお話ししますので、ぜひともご出席の方をお願いいたします。