これからの英語の学習

第1回の英語検定試験の結果が発表になってます。3級と準2級を受検した中3生は全員が合格しました。おめでとう。ただ、2級と準2級を受検した高校生の中の多くが不合格に。ちょっと危機感を持たないとダメです。

圧倒的に語彙力が足りない。それも、声に出し、耳で聴いてという学習が足りていないです。

これからの英語学習は、口に出して、耳で聴いてという学習がとても大事になります。日本語でもそうですが、自分が話せないことばを聞き取ることはできません。また、自分が話せるスピード以上の文を聞き取ることも不可能です。

ですから、話して、聴いて、を繰り返す練習が大事になってきます。

もうひとつ。とにかく語彙を増やすことです。増やし方はふた通りです。ひとつは語彙の数を増やすこと。もうひとつは、ひとつひとつの語彙の理解を深めることです。haveやgetといった基本単語でさえ、まだまだしっかり理解できている生徒は少ないです。

英語の学習はここ数年で圧倒的に変わりました。大学入試共通テストでは文法の問題は一題も出題されません。私立大学の入試もその方向に変わっていってます。高校入試もこのあとどんどん変わっていくでしょう。リーディング、リスニング、ライティングが中心です。

従来のように「つぎの文を疑問文にしてみよう」なんて問題演習をいくらやってもむだです。文法は英文を理解していく上での手段であって、文法そのものを学習する従来の勉強は意味を持たなくなっています。

何よりも語彙力の強化。今回、合格できなかった高校生のみんな。ここから秋の英検まで、とにかく徹底的に強化していこう。それも声に出し、耳で聴いて、を実践すること。