9月1日以降の授業・お稽古について

緊急事態宣言が発出され続け、デルタ株の広がりが10代の子どもたちにも感染を広げています。県立高校は12日まで部活動や学校行事を停止し、週に1日~2日の通学とオンラインでの家庭学習になります。また、周辺の小中学校も市ごとに対応は違いますが分散登校や短縮授業、部活や学校行事の停止などの対応をとっています。

そうした中で当教室の9月1日以降の授業・お稽古ですが、感染対策を徹底しながら通常通りに進めていくつもりでいます。ただし、12日以降もこうした状態が続いたり、さらに感染の拡大が広がるような事態になった場合はオンラインでの授業などを併用できるように準備を進めていきます。

そろばん塾ピコ、習字の筆っこ、プログラミング道場

どのお稽古も「密」にならないように1回のお稽古の人数を制限して実施してきました。この後もそうしたことを継続しながら、さらに、お稽古の場所を2階教室と3階教室に分散するなどしていきます。また、お稽古に通うのが不安な方がいらっしゃいましたら「休塾」の手続きをさせていただきます。

小・中・高校生の塾

通常通りの授業を継続します。もともと少人数のクラス編成ですので「密」になることはありません。さらに授業の場所を2階教室と3階教室に分散するなどしていきます。また、学校の短縮授業や部活停止にあわせて授業時間の変更も考えます。また、今後のためにオンラインでの英検対策の授業やGoogleClassroomのあつかいを試す機会もつくります。

いずれにしましても、いまいちど、感染対策の徹底をお子さんにもお伝え下さい。

* 熱があったり、味覚や臭覚におかしいところがあったり、具合が悪いときは塾に来る前に親や塾長に相談すること。

* 塾に入るときは入り口のアルコールで手指を消毒すること。とくに部活帰りや学校帰りの場合は洗面所で石けんで手洗いをしてうがいをすること。

* マスクは不織布のものを口と鼻がしっかり隠れるようにつけること。忘れたりひもが切れた場合は塾にストックがあります。塾長に申し出ること。

* お弁当など食事をする際は3階の食事ルームで「ひとりで」「しゃべらず」に食べるように。

* 今まで継続してきた感染対策をもう一度見直すこと。