Bit Campus Touch

11月から新たに「Bit Campus Touch」という学習システムを、すべての小学生、中学生に使ってもらえるように準備を進めています。

今までは「eドリル」という学習システムを使っていましたが、このシステムは大和市の教育委員会も導入したようで、miyajukuのものとかぶってしまいました。そもそも先に学習塾に使わせておいて、その後で学校にも同じものを売るような商売をする会社に不信感も持ったこともあり、思い切って新しい学習システムに切り替えることにしました。

正直、今回の「Bit Campus Touch」の方が、「eドリル」より良いですよ(^_-) 

IDとパスワードで入ると、こんな画面になります。中学生は「英、数、理、地理、歴史、公民」で、小学生は「算、理、社」の学習ができます。自分の学習したい教科をクリックすると、下のような画面になります。

それぞれの単元は三つのステージに分かれていて、stage1から順に問題の難易度が上がっていきます。といっても、最初からstage3を選択することはできず、まずはstage1の問題をしっかりとできてから、stage2、3と進める仕組みになっています。

問題は各stageともに数十問の中からランダムに5問ずつが出題されていきます。四者択一式のドリル演習で、間違った選択をすると残った3つの選択肢のうち2つが反転して、どちらかが正解というようにしぼり込まれます。もちろん、解説も表示されます。

このように単元をおっての学習もできますが、できなかった問題だけをあとで復習する「まちがいリベンジ」という機能もついています。

中1生、中2生は来月の期末試験に。中3生は入試に向けて中1範囲からの総復習に。小学生も今までの復習とこれからの学習の定着に。大きな効果を上げてくれるはずです。IDとパスワードは、来週中には小中学生の生徒全員にお配りいたします。