私立高校ってそんなに高いの?

公立高校の月謝は年間約11万円。私立高校はいろいろだが、平均的に年間約32万円。その差は21万円。月に直すと1.75万円。でも、神奈川県の場合、家族4人で年収が763万円まで(かなりの家庭がこの枠内におさまると思うのだが)の家庭には年間9万円の県からの学費補助(返還不要)がある。これをもらったとすると公立高校と私立高校の学費の差は年間12万円、月1万円と縮まる。

家族4人の家で携帯電話に毎月どのくらいお金をかけているのだろうか。それを考えるとこの月1万円の差はほとんど「ない」に等しいといったら言い過ぎになるだろうか。「私立は高いから」という根拠は非常にあいまいだということだ。

確かに入学金は公立高校5千円に対して私立高校は20万円をこえるところが多い。でも、神奈川県の私学補助の場合、入学時には9.5万円が補助されるのでこれもかなり縮まる。

私立高校の自助努力はとにかくすごいものがある。公立高校など足下にも及ばないのが現実だ。もちろん公立高校の「良さ」というのもたくさんある。私は2人の子供を私立と公立にそれぞれやっているのでよくわかる。

何が言いたいかというと、「私立は高いから」という固定観念ではなく、公立も私立もすべてをとりあえず同じライン上で眺めて欲しい、ということなのだ。公立にも良いところがあるし、私立にも良いところがある。さらに、それぞれの高校ごとに「良い」ところ「悪い」ところがある。是非ともそうした学校比べをやってみて欲しい。

私学の学費補助の詳細は以下のページをご覧になってください。(この制度利用しないと損ですよ。本当に)

神奈川県私立高等学校等生徒学費補助