僕の仕事

ここ数日の出来事からつくづく思うことがある。

進学した高校によって3年後の進路はほぼ決まってしまう。

ということだ。

もちろん、本人の気持ちしだいでどうにでもなる部分はある。

しかし、人間は常に周りの環境に影響を受けつつ生きている。高校3年間は感受性も強く、見るもの聞くものすべてをどんどん自分のものとしていく。だからこそ、友達や先生やその他いろいろ、毎日接していくことになるものがとても重要になってくる。所属した高校という環境が子供達に与える影響はとてつもなく大きいのだ。

当たり前だが子供達はひとりひとり違っている。A君にぴったりの高校がB君に合うとは限らない。そうしたひとりひとりにぴったりはまる高校を紹介してあげて、そこに合格できる実力をつけてあげることこそ僕の仕事だと確信している。

常日ごろから足を運び、学校を見、そこの先生方に接し、生徒の声を聞き、肌で感じる情報収集はとても大切だ。今までも出来るだけそうしてきたが、これからもどんどん外に出て行こうと考えている。中学校の進路指導がこうした事を放棄しているのだから、僕がやっていくしかないと思う。