学習塾の講師の条件

家に帰るといつものように、娘が明日の試験の教科についてためていた質問をしてきた。

今日は現代社会だ。

「マネーサプライ」は問題なく説明できたが、「信用創造」の説明にはちょっと困った。

うーん、高校の現代社会もけっこう高度ななぁ。

というより、物理の「浮力」から現代社会の「信用創造」まできちんと説明できないと学習塾の講師は勤まらないんだ、ということを知っておいて欲しい。

最近は、講師の募集をすると、「私は中学の英語は教えられますが、数学はちょっと・・・」という者が面接に来る。

学習塾の講師は、中学の科目はすべて教えられることが前提。もちろん、家庭科も音楽も。そして、高1程度までは数学も化学も物理も現代社会も教えられるのが当然。

けっこう厳しい世界なんですよ。