家族で涸沢に行っていました。

数日、更新を怠っていました。家族で長野に旅行に行っていたからです。

受験生の高3兄、部活動が忙しい高1妹、仕事の調整がなかなかつかない妻、この日程調整をし、なんとか空けた13日~15日の2泊3日でした。

行程は、1日目は善光寺→松代→松本と歴史をめぐり、上高地手前の坂巻温泉泊。2日目は上高地に入って涸沢まで登山、涸沢小屋泊。3日目は涸沢を散策して上高地までの戻り、というコースです。

涸沢は北アルプス穂高連峰の東側にひろがる氷河が削ったカールのある場所です。岩稜の穂高連峰と夏でも多くの雪渓が残る「おわん」の底のような場所にある涸沢の景色は見るものを圧倒します。そんな風景を家族に見せたかったのです。

天気は最高でした。涸沢には何度か足を運んでいますが、今回ほどの好天は初めてでした。そんな中、まさに絵に描いたような風景に身を置くことができました。ただ、残雪が多くて花が咲いていないのが残念でした。それでも、この時期にスキーをしている人もいるほどの雪の中を歩き、カールと岩稜と新緑のコントラストを目に焼き付けることが出来た山旅でした。

涸沢の写真です。ご興味のある方はどうぞクリックしてください。

さて、今日から後半の授業が再開です。気持ちを切り替えていきます。