ワーキング・プア

昨晩NHKで「ワーキング・プア」の特集番組をやっていました。「ワーキング・プア」とは、働く意志があるのに働く場所がない若者や、働いてもそれに見合った労働対価が得られない新しい貧困層です。30歳をこえるととたんにアルバイトをふくめて仕事がなくなってしまい、社会の中に居場所をなくしてしまう若者が紹介されていました。また、米などの農作物の価格が急落し、家族で一生懸命に農作業をしても赤字になってしまう秋田の農家や、シャッター通りのなかで、客足がばったりと途絶えてしまった地方の商店主も紹介されていました。

一方では、金持ち層が税金をきらって海外に生活の拠点を移していっている、という記事を最近新聞で読みました。「富の再分配」という中学の公民の教科書にも出てくる事が、実際の世の中ではうまく作用していないことがわかります。

私はこうした事に対して全く無力です。出来ることは、自分の子供達、塾の生徒たちに、自分の力で世の中を生きていく力を身につけるよう説き続けることぐらいです。そのための今の学習なのだと。