数学的な? 創造力

数学なんか出来なくても何の問題もない、と生徒が言います。私は決まって、数学が出来ないと大人になってから大いに困る、と答えます。そしてこんな話を必ずします。

数学は具体的なイメージを作り出すための訓練なんだ。例えば、十の位の数字が一の位の数字の2倍より3大きい、そんな問題文があったとする。十の位の数字をx、一の位の数字をyと置いたときyをxの式で表す。ほらっ、みんなが頭が痛くなってしまう問題だよな。でも、そんな数を具体的に考えて見ると、十の位が3だとすれば、一の位は3×2+3で9だから39という数だ。ということは、十の位がxだと一の位y=2x+3となるなぁ。こんなふうに具体的なイメージを形にしていく力を養っているんだぞ。こうした能力は大人になるにしたがって、あらゆる場面で必要になってくる。

と、まぁ、昨日も数学の連立方程式の応用問題をやりながら力説したわけです。