ノートの大切さ

Miyajukuに入ると、とにかくノートの取り方をうるさく指導される。というよりも、こちらから指示しないかぎりノートなるものを持参しない生徒がほとんどだ。

「ノートにやろう」と指示すると、解答だけをいきなり書く。そもそも式を書いて残しておく、という発想がないのだ。間違えるとケシゴムで消して正答を書くだけ。筆箱の中に赤ペンや赤鉛筆が入っていることもない。×をつけることを極端に嫌がる。

学習を向上させるには、自分がつまずいていることをきちんと意識すること、つまずいている内容を理解すること、からはじまる。

いたれりつくせりの参考書がいくら氾濫しても、自分でまとめた情報は何よりも大きい。ミスした自分を客観的に見つめ直すこともノートの上でできる。高校生になると自分の学習法が確立していくが、そうした生徒たちは工夫したノート作りが出来ている。

ノートをみると、その生徒の学力のほとんどがわかるものだ。お父さん、お母さん、ぜひ一度、ご自分の子供のノートを見てみましょう。