あきらめるものか

朝から中3の授業。午後からは、私立受験クラスの小4から小6の月例テストも実施。今は、つぎの高3の英語の授業までのちょっとした休憩中。

子供でも、変われない者は変われないのだろうか。つくづくとそんなことを考えた。私の使命は、彼ら・彼女らを合格させることだけではない。むしろ、合格させることよりも大切だと思っているのが、「やり遂げた充実感」をもって高校に進学させること。それなくしては何の意味もない。

変わって欲しい。とにかく自分を追い込んでいって欲しい。結果が自分の中に残すものは何もない。頑張ったこと、前を向いて進んだこと、そうした日々が自分の中にあるモノを残していく。

あきらめないで彼ら・彼女らに対していこう。さて、高3の英語→国語→日本史と続く。