塾の教師の限界

塾の教師の限界は、その子の親には決してなれないことだ。どんどん危ない方向に進んでいっているのにそれを止められない親がいる。塾長としての私の指導は学習指導が中心だ。当たり前の話だ。生活面での指導は、学習面での効果を考えてのものにならざる得ない。それでもやはり気になる。

そんな中、つい先日、中3の○○が辞めていった。というよりも、実際には1ヶ月前に「退塾勧告」を出し、その際には「もう一度チャンスを」ということでとどめたのだが、結局はだめだったと言うこと。というよりも、行き着くところまでいくしかないという状況。どうして親はそれを止められないのだろうか。

今も△△のことが気になっている。今が切所だと思う。親もきっと手は打っているのだと思うが・・・ 他の生徒への影響を考えて切ってしまうのは簡単なことなのだが、私にはそれはなかなか出来ない。かといって、本人に改善する気持ちがなければどうしようもない。救いなのは△△には学習意欲があることだ。前に向かっていこう、向上しようという力は持っている。だからこそ、一歩大人になって欲しいと思うのだが・・・

いずれにしても、今日のことは「けじめ」をつけさせないといけない。