箱根の関所

復元された「箱根の関所」は予想通り良かったです。発掘調査と残された文書を参考に忠実に江戸時代の関所を再現。建物の建て方にも当時の技法を使い、石垣も発掘されたものを再利用して足りない部分を補っていく、といった手法を使ったようです。

ちょっと前までは鉄筋コンクリートで作られたものが多く見られました。小田原城の天守閣などがその代表ですが、最近では、建設当時の材料や技法を用いての再現がおこなわれています。昨年訪れた「掛川城」などもそうした手法で建築されていました。

箱根の関所もああしてもともとあった場所の上に、もともとそうであったように再建されるといろんな事を発見できます。皆さんも箱根を訪れた際には是非とも立ち寄ってみてください。