私の根っこ

ちょっと本音を怒ってる

教育って「信頼」が根っこのところにあると思う。

この「信頼」をなくしてしまえば教育は終わりだ。

私の根っこにあるのはこれだけだ。

昨今の教育論議からはこの「信頼」という言葉が消えているように思う。「学校への信頼」「先生への信頼」「親への信頼」「社会への信頼」・・・

結果、第三者機関による学校評価、先生評価への法律整備。これが解決策になるのだろうか。何度も言うが、教育再生会議と国会の教育再生基本法の論議の根っこにはこうした観点が欠けている。

miyajukuは「信頼」を根っこにおいていく。

それが無くなったときには塾をたたみます。