連休までの方針

どの学年の学習も春の講習からの先取りで最初の単元を終わらせた。ただ、定着したか、というとまだまだ疑問だ。

前・後期制になって中間テストは早くて5月の下旬、遅い学校だと6月の半ばになってしまう。まだまだ先だ。しかも、学校がスタートしても授業進度は遅々として進まないので、生徒もだんだんと「まぁ、テキトーに手を抜いても大丈夫だろう。」という気になってくる。そうした気持ちを排除してモチベーションを維持させるのは難しい。

まずは5月の連休までは先取りの学習を進めていくつもりだ。新しい学習に対してはどの生徒も集中できる。もちろん、定着もさせながら進めていくが、復習や演習はどうしても目の前に試験などがあった方がはかどるものだ。したがってしばらくは比重を先取りに置いていく。

いつものことだが、ひとつの単元を「塾での学習」→「学校での学習」→「塾での学習」と3まわりさせるのが指導方針だ。最近では、学校の内容が薄くなっているので、もうひとまわり「塾での学習」を入れることもできる。

さぁ、あと連休まで2週間。ここまでがひとつの区切りになる。