勉強会

今日は川崎にある塾の先生に呼ばれて「勉強会兼情報交換会」に出かけてきた。横浜、川崎を中心とした「私立中学受験」を専門としている先生方が6人ほど集まっての会だった。

中学受験と高校受験ではアンテナがまったく違ってくる。今年は8名の小6生がmiyajukuには学んでいる。今からアンテナを張り巡らせて、有意義な人間関係を構築していく努力をしている。

どんな仕事でもそうなのだろうが、人間関係が築かれていないと情報すら集まってこない。有意義な情報は、うわさのレベルではなく、きちんとした裏付けのあるものでなければいけない。こうした会では、それぞれの塾長先生が親しくしている学校の先生方を持っている。そこからの情報を交換し、さらには学校を紹介していただく。そんなつながりが実際の受験が近づくにつれとても大切になってくる。

たとえば、横浜山手女子中・高等学校が2年後に「中央大学の付属校」として再出発をする、ということは知っていた。それによってどう受験生が動くのか、どんな影響があるのか、といった話しを聞いた。新しい地下鉄の開通によって、どのような受験生の動きがうまれてきそうか、といった話も聞いた。その他・・・・・

私自身が確かな情報を手に入れ、それを消化して、なおかつわかりやすい分析を加えてお父さん、お母さんに提示できなければいけない。それがプロの仕事だと思っている。