生徒募集

新学期だからといって、新しい生徒がどんどん入塾してくる、なんてことはありません。学習塾の生徒募集は厳しいのです。生徒入塾の『波』なんてものは、ないのが実際です。チラシを数万枚入れても、一件も問い合わせがない、なんてことは普通です。えっ、そうなんですか、と外部の方はお思いでしょう。先日も書きましたが、やっぱり『おっきい塾』が好きな方が多いのです。湘南○○名、翠嵐△△名、というあのチラシの吸引力はすごいモノがあるのです。miyajukuも、高3が7名、中3が10名、小6が7名の合計24名が卒塾していきました。塾生の35パーセントがいなくなってわけで、その分を新たに入塾してもらうのは大変なことですしょんぼり

それでも、miyajukuには、ぼちぼちと新しい生徒が入ってきてくれています。いつの間にか新しい顔が増えています。そのほとんどが、現在の塾生の弟さんや妹さん、または関係者といった子供達です。うれしいことです。こちらの指導がしっかりしていなければ、弟や妹をmiyajukuにあずけよう、とは思っていただけないはずだからです。『下の子を今度お願いしようと思うのですが』という電話をいただくことほどうれしいことはありません。そんな電話をこの数日で4件もいただきました。本当にありがとうございますさくら

先ほども、新小6のお母さん、娘さんと学習相談をしていました。勇気を持って一歩を踏み出して、miyajukuでいっしょに勉強できるようになるとうれしいです。飛び込みで問い合わせにいらっしゃったお父さん。授業中でしたので、詳しい説明が出来ませんでした。連絡先をお聞きするのも忘れてしまいました。出来ましたら、もう一度しっかりと説明をさせてください。ご連絡ください。体験授業もいつでも受け付けています。

ということで、今日現在で定員になっているのは、新高1、新高2クラスだけです。1名~2名の空きがあるのが新小6受験、新中2、新中3クラスです。あとの各クラスは生徒大募集中でーすスマイル