今日の22時過ぎ

今日の22時には後期選抜試験の志願倍率一覧が判明する。生徒たちの話によると、前期選抜を受けずに後期だけを受験する生徒も多くなってきているようだ。したがって、前期の時の倍率がそのまま後期に結びつくとも言えない。とにかく出てきた数字を見て、そこから判断することだ。

昨日も生徒たちに話したが、大人になるにつれて、こうした「土壇場の判断」をしなければいけない機会が増えていく。そうした意味では、今回の「志願変更をするかどうか」についての判断は、君たちが今後の人生で迫られる「土壇場の判断」の予行演習のようなものだ。高校入試は結果的に行き場がなくなることはない。必ずどこかにはいける仕組みになっている。

とにかく自分が納得できる選択をしなければいけない。そして、その結果には自分で責任を持たなくてはいけない。

それが大人への第一歩だ。

入試を経験することで本当にたくさんのことを学ぶことが出来る。そうした意味では、miyajukuの中3生はすでにたくさんのことを学んだはずだ。それをこれからに生かして欲しい。と同時に、19日の真剣勝負に自分のすべてをぶつけられるようにこれからの9日間を送って欲しい。

とにかく中3生には22時過ぎにはFaxをします。