突っ走ってきたなぁ

今朝もジムにて1.2knの水泳トレ。その後、花粉症の薬をもらうために耳鼻科に行ったのだが、待合室は人でいっぱい。薬局でも待たされて2時間ほど時間がかかってしまった。

長かった受験準備期間も終わろうとしている。この3か月間、とにかく突っ走ってきたが、何とかゴールが見えてきた。まだ結果がすべて出てないので検証は後になるが、ひとつだけ感じていることがある。

受験に「奇跡」や「突然の伸び」なんてものはあり得ないと言うこと。当たり前だし、わかりきっていることだが、あらためてそのことを考えさせられている。地道な一歩ずつの積み重ねでしか自分のステージを上げていくことは出来ない。

このステージというのがとても重要だ。高校生で「東工大」を知らない生徒はいっぱいいる。毎日の生活のステージが違ってしまうと、「東工大」も「○○大」も同じになってしまう。そのステージの「差」は、学習意識の「差」といっても良い。

学力は、一歩ずつの積み重ねでしかつかないが、その付き方は一歩ずつではなく、いきなりステージを上がるような付き方と言って良いだろうか、そんなイメージだ。知らないうちに一つ上のステージにいる自分を発見する。

さて、新年度の募集の準備をはじめないといけない。新しい出会いがたくさん待っていて欲しいなぁ。