「子育て座談会」のようなもの

今日も忙しい1日を過ごしている。

おかげさまで今月は中1クラスに体験入塾をふくめて3名ほどの生徒が新たに加わっている。今の成績はそれほどでもないが、それは勉強のしかたがわかっていなかったからのようだ。ちょっと後押ししてあげればグンと成績を伸ばしそうな子たちだ。とりあえず、来月半ばの後期中間テストで結果を出させてあげたい。食らいついてきて欲しい。目の輝きは良い。頑張れパンチ

これで中1クラスはほぼ満席になりそうなので、空きがあるのは小6クラス、中2クラス、高1クラスになります。厳しい経済情勢の中、miyajukuを選んでいただきありがたいことです。

さて、ちょっと考えていることがある。

いつの間にかほとんどの塾生のお父さん、お母さんよりも私の方が年上になってしまった。自分の2人の子供たちも大学生になり、上の子は来春から社会人になる。高校受験、大学受験、就活とそばで見てきた。そんな経験を少しでもmiyajukuに子供さんを通わせていただいている御父母の方に役立てられないだろうか、ということを思っている。

「子育て座談会」のようなものが出来ないだろうか、なんてことを何となく考えている。ちょっとおこがましいかもしれないが、少しだけ子育ての先輩になった今、激しく移りゆく世の中の情勢の中、不安がいっぱいの「子育て真っ最中のお父さん、お母さん」に何かアドバイスが出来るのではないかと思うのだ。

いつものように高校受験や大学受験の HOW TO をお伝えする説明会ではなく、「子供を一人前にメシが食える大人にするためには」といったテーマで「子育て座談会」が出来ないかなぁ、とぼんやりと考えている。

もしも、このことにご興味のある塾生のお母様がいらっしゃいましたら、是非ともご意見をいただけたら、と思います。