ほけんの窓口

先週、町田に参考書などを仕入れに行ったとき、駅前で昔の生徒に声をかけられた。転職したというメールをもらってはいたが、まさかここで会うとは、という再会だった。その生徒は、結婚式の仲人まで引き受けた間だ。だから時々、近況は知らせてくれたりしていた。

その子は近くの「ほけんの窓口」という会社で働いているとのこと。何でも、複数の保険会社の商品を比較検討して相談にのってくれる商売だという。ちょうど保険を真直そうと考えていたところだったので、予約をして今日の午前中に出かけてきた。

いやいや、これは一度体験してみるものですね。保険なんてしっかり考えて入っているようで、実は、良いように営業マンの口車にのせられているところがたくさんあるわけです。そんな「いろんな真実」をしっかりと教えていただいた時間でした。たっぷりと2時間半、有意義な時間を過ごせました。

個人店経営のちっちゃな塾ですから、自分に何かあった場合の保証は何もありません。ですから保険でカバーしよう、としてきました。とくに残された家族が困らないような保険に入っていました。それでも、上の子が来春から仕事に就き、下の子もあと2年間で大学を卒業する。ここからは自分のことを中心に考える時期かなぁ、とはなんとなく考えているところでした。そんな意味で、保険も根本的に考え直すことにしました。

本当に偶然の出会いでしたが、私の生活面を根本的に考え直す良いきっかけを作ってくれました。縁とはつくづく不思議なものだと思います。同時に、そうした縁を大切にした仕事や生活をしていきたいと思いますひよこ