集中力

子供に身につけて欲しい能力ってなんだろうか? お父さん、お母さん、考えたことがありますか。

私は何よりもまず 集中力 を身につけて欲しいですね。

これさえあれば、どんなことでも出来てしまいます。逆に、この能力のないこどもは何をやってもダメです。勉強が出来る子は集中力があります。運動が出来る子も同じです。社会に出ても、集中力のある人間は、仕事の出来る人間でもあります。出来るオトナとそうでないオトナを分けているのも集中力という能力ではないでしょうか。

でも、どうやったら集中力って身につくのでしょうか。正直、これは私にもわかりません。先天的なものなのか、後天的なものなのかもよくわかりません。集中力のある子は、小さな時からそうしたチカラを持っていることも確かです。あの芦田 愛菜ちゃんもすごい集中力の持ち主だと思います。

かといって、集中力は鍛えられないか、というとそうでもありません。勉強をすることで、スポーツをすることで、集中力を鍛えていくことは可能です。勉強すること、スポーツすることが目的ではなく、そうしたことを通じて集中力を鍛えていると言っても良いのかもしれません。

 集中力 

とにかくこどもたちにはそのチカラを是非とも身につけてオトナになっていって欲しいです。集中力を削ぐようなこと、たとえば“ダラダラとテレビを見る”なんてことは、出来るだけこどもにやらせないようにすべきですよね。