博物館のはしご

昨日の風雨がうそのように晴れた日曜日、友達と博物館のはしごと散歩に出かけてきました。

法然と親鸞

まずは上野の国立博物館で。「法然と親鸞 ゆかりの名宝」を見てきました。法然没後800回忌、親鸞没後750回忌を機におこなわれたもので、多数の国宝や重文の資料が展示されていて良かったです。ただ、美術展というよりも宗教的な雰囲気の濃い展覧会になっていました。あるおじいさんが阿弥陀蔵の前で突然にお賽銭を投げてお祈りをはじめてしまい、係の人がびっくりして止めにはいる、なんてハプニングも目にしました。

ハンバーグ

上野からぶらぶらと浅草方面に。浅草はさすがにすごい人です。浅草で洋食も良いだろうと、“ベル”という昭和レトロなお店へ。生ビールを飲みながらハンバーグをいただきました。何の形のハンバーグだかわかりますか。そうです。雷門なんですね(^^)/

このあたりからはスカイツリーをどこからでも見ることが出来ます。かっこいいですね。写真は、隅田川にかかる吾妻橋からのものです。アサヒビールの社屋とのコラボです。来年は大ブームになるでしょうね。

スカイツリー

隅田川沿いに「江戸東京博物館」まで歩き、「ヴェネティア展」を見ました。こちらはいまひとつでした。常設展の中でやっていた企画展「日光東照宮と将軍の社参」という展示の方がおもしろかったです。

楽しい散歩が出来た日曜日でした。