中学生の試験対策授業

今日は一日中、中学生の試験対策授業です。といっても、対策授業は準備の方が大変で、私の仕事は当日はそれほどありません。何しろ演習が中心ですから。何をやらせるか、というのが腕の見せ所、ということでしょうか。

miyajukuは基本的に特定教科だけの受講はお断りしています。基本は英数国の3教科。理社は選択制です。といっても、こうして試験前は全員が5教科を学習します。音楽があれば音楽も対策します。よく考えてみれば、中学生で英語が出来ない生徒は、他の教科も基本的にできないわけです。どの教科も連動しているのが中学生の学習です。私はそう考えています。

今の時代、学習塾も消費者の嗜好に合わせてメニューをたくさん作り、自由に選択していただく、というのがトレンドのようです。そういった意味ではmiyajuku時代に逆行しています。でも、生徒の学力アップが学習塾の使命なのです。それが達成できる方法を追い求めるべきではないでしょうか。

いずれにしても、miyajukuはめんどくさい塾だと思います。ああしろ、こうしろ、がこんなに多い塾もないでしょう。そうしたところは生徒には妥協しません。そもそも勉強ってめんどくさいものなのです。そのめんどくささをオブラートにつつんでもしかたがありません。

さて、試験対策に戻ります。みんなめんどうなことに取り組んでますひよこ