ミステリーツアーの下見

昨日は知人の息子さんの結婚式でした。良い結婚式でした。

今日は早くに起きてミステリーツアーの下見に。しばらく行っていないので、現地が変わっていないか確認の必要があります。また、マイクロバスで行くので、駐車場もさがしておかねばなりません。

地層

しっかりと露頭はありました。スコリア層とシルト岩層の互層です。地層を追いかけていくとまっすぐにつながらずに断層も確認できます。この地層の一部には貝化石を多く含んだれき岩層が重なっています。

化石床

化石がこのようにかたまりのように集まっている場所を化石床といいます。写真で見てもわかるように殻の厚い二枚貝が多く見られます。ダイニチフミガイやキシュウタマキガイです。これらの化石からこの地層は600万年ぐらい前の中新世の後期だといわれています。運が良ければカルカロドンと呼ばれていた大きなサメの歯の化石を見つけることも出来ます。

駐車場とお昼を食べる場所を確認して娘のフィールドワークのつきあいで宮が瀬方面に。七沢にある環境保全センターと宮が瀬のビジターセンターに。宮が瀬ではおいしい「清川ポーク」を食べさせてもらえるお店を発見。「びんずる」という山小屋風のレストランでした。

ホームセンターで化石掘り用のタガネを何本か仕入れて帰宅しました。