サッカー日本代表の挑戦が終わる

日本のサッカーワールドカップの挑戦が終わりましたね。グループリーグを突破するのがあたりまえ、という空気があったので残念です。

選手たちのコメントも様々な思いを表しています。長友選手の男泣きには感動しました。女性人気NO.1の内田選手のコメントにはなるほどなぁ、と肯かされました。

「力があれば上に行くし上に行ったチームが強い。今までサッカーをやってきて努力が報われない経験の方が多いのでしかたがない」

夢は必ずかなう。努力は裏切らない。そんな言葉が似合うイメージが先行しがちなサッカー代表のきら星たち。そんな海外で活躍する彼らもホンネのところでは「努力は報われないことの方が多い」と思っているのでしょうね。それでも前を向いていく。それでも努力を続けていく。その点が一流の選手とそうでない選手の違いになっていくのでしょう。

惨敗に近い日本サッカーのワールドカップでしたが、もう一度、前を向いて努力を続け、私たちに夢を見させて欲しいです。と同時に、どんなちっぽけなことでも、そう簡単に実現することはないこと。ましてや、努力無しに手に入れられる夢などないこと。努力しても報われないことの方がずっと多いこと。そんなことを私たちは教えてもらったのではないでしょうか。

ひとりひとりの挑戦は様々です。miyajukuの生徒たちは、来春の受験を目指して頑張る受験学年の生徒をはじめ、みんな数年後の受験というハードルを乗り越えるためにここに通っています。まずは努力です。幸いなことに、サッカーとは違って受験は努力が報われやすい仕組みになっています。ですからしっかりと努力することで夢は手に入るのです。

前を向きましょう。そして努力を続けましょう。