ある大手塾の進学実績表示に疑義あり

神奈川県の学習塾を取り巻く状況が他の都道府県と大きく違うところは、大手塾の寡占化が進んでいる、という点ではないでしょうか。ステップ、湘南ゼミナール、臨海セミナーといった大手3塾がしめる市場の割合は正確な調査はないのですが、かなりの数字になるでしょう。

神奈川県私塾協同組合は中小の学習塾の集まりなので、県内各地のそうした中小塾の数の少なさは、東京都や千葉県、埼玉県などの首都圏連合会の皆さんとお話しする度に実感するものです。

当然、大手3塾の高校進学実績競争は激しいものがあります。そんな中、ステップのホームページに「湘南ゼミナールの合格者表示に疑義あり」といったニュースが何回かにわけて掲載されています。湘南ゼミナールという塾は、高校合格者の実績を水増ししているのではないか、といった疑義についてです。詳細はステップのそのページをご覧になって下さい。 → http://www.stepnet.co.jp/beginner/syozemi.html

この件についてのコメントはひかえたいと思います。読んだ皆さんがそれぞれに判断すれば良いことですから。

学習塾を進学実績で判断して選ぶ、というのもひとつの価値観でしょう。高い投資をするのです。こどもの最善の進学を託すのです。どんな指導をし、どんな出口の実績があるのかは、保護者の方の最大の関心事でもあるはずです。ですから、その部分は透明でなければならないのは当然です。

miyajukuのある場所には、これらの大手3塾だけでなく、都内の大手塾、たとえば早稲田アカデミーなどもひしめいています。そんな中で27年間もよくやっているなぁ、と思うのですが、それはすべてmiyajukuに信頼を寄せていただける保護者、生徒のおかけです。ありがたいことです。その信頼に応えられるように精進です。