授業と自習の違い

今日は1日かけてM中の試験対策授業です。

miyajukuでは、自習は基本的にさせません。試験対策も必ず授業にします。自習と授業って何か違うのか・・・ 

それは

私の管理下で、私が指導をしながら学習を進めるのが「授業」です。それが最も効率よく、成果を残せる方法だからです。そうでなければ、わざわざ塾に来る必要もなく、家で自習していれば良いのですから。

高1生もそれぞれ試験前の学習に朝からやってきています。こちらは、ある程度は本人たちに任せていきます。なにしろ「高校生」になったのです。とはいっても、まだまだ中学→高校の途上です。

どこが範囲なの?
じゃあ、このプリントをやりなさい。

といったレベルでは学習に関わっていきます。

うちの塾には、いろんなデータベースがそろっています。生徒たちがもっている市販の教材よりもずっと効率的に学習出来る教材データベースは、私のPCにいろいろと格納されています(^o^)

でも、部外秘だよ。友だちにもコピーしてあげたりしてはダメだよ、という約束です。

だって、そうした教材データベースをもらえる権利は、保護者の方からいただいた授業料に含まれているのです。友だちはその権利は持っていません。情報はタダではありません。

さて、1日がんばります。