キッズウィーク

こんなニュースがこの数日でながれています。

政府が「キッズウィーク」という新たな大型連休を創設し、来年4月からの実施を目指す方針を固めた
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3057252.html

皆さんは、どのように思いましたか?

わたしは、良い企画ですが、政府が考えているようには実現しないのではないかな、と思っています。

この長期休暇を市町村ごとに設定するのか、学校ごとに設定するのかわかりませんが、いずれにしても、その期間は部活動を停止する、といったことをしないと、結局は休日がすべて部活動でつぶれてしまうことになりかねないでしょう。でも、そんなこと(キッズウィーク中は部活動を停止すること)が出来るはずもなく、結局は「絵に描いた餅」になってしまいそうです。

本当は、こうした「キッズウィーク」のような発想から、もう一度、子どもたちと部活動、とか、子どもたちと親との時間、とかいった議論がわき起こってくれば良いのでしょうが、なかなかそうならないのが現実です。何度も言いますが、わたしは部活動が悪い、と言っているのでは決してありません。ただ、もっともっと違うことにも時間を使いましょうよ、といっているのです。ひとつのことに一所懸命になることも良いですが、様々に体験をし、様々に考える機会を持つことが、これからの時代には大切なのでは、ということです。

子どもたちと話をしていても、親と一緒にどこかに行ったとか、親と一緒にこんなことをした、ということをあまり聞きません。中高生などは難しい年ごろかもしれませんが、やっぱり、普段から「共有する時間」を持っていないと、進路決定の時などにきちんと話が出来ない、といったことになりかねません。

一緒に食事を作る。一緒に釣りをする。一緒に散歩する。一緒にカラオケで歌う。一緒にゲームをする・・・ 何でも良いんですよ。家族で何かをする、といった時間をたくさん持つようにしましょう。