小室さんは引退するということですが

私事ですが、昨日は誕生日でした。多くの友だちが、来年度中に定年をむかえる年齢になりました。中央林間でmiyajukuを立ち上げて30年が過ぎています。それ以前の教員時代を含めるともう40年近くの歳月が経とうとしています。

ありがたいことに、卒塾生の子どもさんたちに通っていただき、教えている先生たちもみんな卒塾生たちです。年長さんから高3生まで、様々な子どもたちが、それぞれの目標を達成するために集ってきてくれます。ほんとうにれしいことです。

今は、高3生と中3生の受験対応におわれ、ゆっくりと先のことを考えている時間はありません。こうして塾を、わたしを頼ってくれる生徒たちと一緒に過ごす時間は、わたしにとっては仕事というよりも、キラキラと輝く何ものにも代えがたい時間です。

小室哲哉さんが引退するとのこと。ひとつ年上ですが同年代です。会ったことはありませんが、同じ大学のキャンパスで学んでいたはずです。小室さんが「世の中に自分が必要とされなくなった」とおっしゃってました。そうですね。わたしもそうなるまでは頑張ろうかと思っています。

まずは、目の前の受験生たちの希望を達成させるお手伝いです。さて、今日も22時までびっしりと授業がつまっています。もちろん、明日の日曜日も朝から授業です。でも、キラキラ輝く目でわたしの授業を受ける子どもたちはほんとうにかわいいんですよ。わたしは本当に授業が好きなんだな、と思います。

これからもしばらくはmiyajukuをよろしくお願いいたします。miyajukuを、少しでもこの地域の子どもたちの「ためになる」場所にしていけるように精進を続けます。