今年の高校入試の結果

県の高校入試の合格発表が終わりました。今年の生徒たちの頑張りは以下のようになりました。

【県立高校】 厚木高校 鎌倉高校 鎌倉高校 市が尾高校 座間高校 七里ガ浜高校 湘南台高校

【私立高校】 青稜高校 桜美林高校 桜美林高校 桜美林高校 桐蔭学園高校 横浜隼人高校 鵠沼高校

全員が第1志望の高校に進学できました。2年連続で心静かな合格発表後をむかえることができています。

子どもたちは11月以来、短い時間でしたが濃密な「受験勉強」の期間を経験しました。学校も絶対評価ですし、世間的にも「自分なり」が大切にされて「競争」をほとんど体験しないまま15歳になった子どもたちです。合否がはっきりわかれる「受験」は生まれて初めてといっても良い試練になります。ここをどう乗り越えるのか。その乗り越え方が高校受験ではもっとも重要な部分です。この後の彼ら、彼女らの行く末の選択の「原点」となるものです。

果たして今年の子どもたちが、この高校受験を通して成長できたのか、また、塾として成長させることができたのか。それはこの後の高校入学後の子どもたちの様子にかかってきます。そうです。本当の意味でのスタータはここからなんです。自分のチカラでつかみ取った「場」をどう活かしていくの。その活かし方しだいが、ここまでの受験勉強の成果になるのです。

とにかくおめでとう(^o^) 成功体験として高校入試を終えられたことは本当に良かったです。そして、もうつぎのステップに進む準備をしていく時です。

受験生のお母さま、お父さま、そしてご家族の皆さま。おめでとうございます。本格的な受験勉強をスタートした11月半ば以来、塾の指導に直接、間接のご協力を心から感謝いたします。子どもたちがこの受験を通して成長したな、と少しでも感じていただけたなら幸いです。宮﨑教室に大事なお子さんをお預けいただいたこと。心から感謝いたします。ありがとうございました。