定期試験対策の学習法

定期試験対策の学習法はひとつしかない。

確認テストをおこない、出来なかった問題から自分の知識の欠けていた部分を探り出し、それを徹底的に反復演習して自分のモノにする。

これだけだ。

大切なことは「間違えた問題をどれだけ大事にできるか」ということだ。

定期試験には範囲がある。単元が限られている。国語の試験でさえ「どんな文章が出題されるか」わかっている。ある意味では出題されるものがわかっているのだから試験とは言えない。そんな定期試験で高得点をとるには頭の良さなんかはいらない。地道に丁寧にテスト範囲を学習する丁寧さこそが必要だ。

いやになるほど自分に厳しく対したい。こんなもんでいいや、と絶体に思わないこと。2回できてももう1回同じ単元に取り組むこと。決して自己満足しないこと。成績の良い生徒はふつうにそれをおこなっている。成績の悪い生徒は、ちょっとした間違えをそのままほっておく。

とにかく「出来なかった問題を大切にすること」だ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です