夏の講習で使う「小テスト」問題を作成しています。

朝からずっと夏の講習の準備です。

中学生は、それぞれの学年の1学期までの復習と9月以降の学習の先取りを、だいたい半分ずつでおこないます。とくに中3生については、ここから1、2年範囲の復習を少しずつスタートさせていきます。

どの教科の問題もメビウスで作成します。だいたい15分程度で終わる分量にしてあります。メビウスについては何度かこのブログでも紹介しています。 → https://miyajuku.com/miyajuku_blog/blog-entry-30982/

中3生の数学と理科(この2教科だけ解像度を上げてあります)は、1、2年範囲の復習が中心です。

社会は、ここから11月までで地理と歴史の復習をしていくための確認チェックです。

英語と国語は総合問題演習にしてあります。

今日は中3の問題の作成で終わりました。明日、中1と中2の問題を作ります。メビウスは「弱点対策問題」を自動で作成してくれるのですが、何回まで追いかけるかも検討中です。何度も追いかけたいところですが、中3生はやることが多いのでこの時期は「浅く、広く」の方が大切になります。