私立学校にお子さんが進学した場合の支援金について

私立学校の授業料の無償化がテレビや新聞などでいわれたことがありました。今、どうなっているのかをしっかりとご存じの方は少ないと思います。来春、高校に進学するお子さんをお持ちのご家庭を想定してわかりやすくまとめてみたいとおもいます。

まず、県立、市立の公立高校は授業料は無償化されています。ただし、家庭の年収が910万円未満の場合です。これを越えているご家庭は授業料を負担することになります。公立高校の授業料は年間で118,800円です。入学金は5,650円で、こちらは負担することになります。

さて、私立高校に進学した場合はどうなるのでしょう。とりあえず、公立高校に進学した生徒と同じで、世帯年収が910万円未満のご家庭には118,800円は支給されます。ただ、私立高校の授業料はこれだけではまかないきれません。比較的に安いとされる「鵠沼高校」で38,7600円、逆に高いとされる「向上高校」で586,600円です。平均的には43万円ほどになります。

さて、この授業料を国がどのように補助しているかです。

この表のように年収が590万円未満の世帯については、来春からほぼ、私立高校の授業料分に相当する39万6千円が支給されるようになります。この金額よりも授業料が安い高校であれば授業料は必要なく、この金額を超える場合はその部分だけを授業料として支払うことになります。

国の制度の詳細 https://www.mext.go.jp/content/20200122-mxt-shuugaku01-100014428_1.pdf

さて、年収が590万円を超えるとなんの補助もないのかというとそんなことはありません。神奈川県からの補助制度があります。

この表でわかるように、590万円~700万円の家庭については、県から325,200円の補助があります。この補助に国からの118,800円を加えると私立高校の授業料の平均金額となるわけです。

つまり、神奈川県民であれば、世帯年収が700万円までであれば、私立高校の授業料は実質無償となると理解して良いでしょう。

なお、この表をみてわかるように、県の補助は授業料だけでなく、入学金についてもあります。私立高校の入学金は20万円~30万円ほどです。これを県が世帯年収が590万円までの家庭については10万円の補助をしています。

神奈川県の私立高等学校等生徒学費補助金 http://www.phsk.or.jp/news_pdf/20200212_gakuhi.pdf#search=’神奈川県+私立高校授業料補助’

制度としてはわかりづらいものになっていますが、とにかく世帯年収が700万円をさかいにして、補助が大きく変わっているということです。このあたりをひとつの目安としてお子さんの高校進学の経済的な予定を立てることになるはずです。