課題図書

3冊の本を注文した。

「りんごは赤じゃない 正しいプライドの育て方・山本美芽/著」
「十歳のきみへ 九十五歳のわたしから・日野原重明/著」
「物語とふしぎ 子どもが本に出会うとき・河合隼雄/著」

いずれも、中学受験クラスの小学5・6年生への課題図書として選択したものだ。御父母の方にも是非とも一緒に読んでもらいたいと思っている。

物語文は読む機会が多いし、学校の教科書も物語文が中心だ。良質な論説文を読むチャンスはなかなかないし、本屋さんにも、売れないのだろう、ほとんど置いてあるのを見たことがない。こうした本を紹介していくのも塾の大切な役割だと思う。