原点にかえって

塾をはじめて20年になる。(あっ、今気づいたけど、今年は20周年なんだ。まぁ、それはどうでも良いことだが・・・)塾をはじめるときに名称を考えた。ほとんど即座に「学習塾 宮崎教室」という名前が浮かんだ。ここは学習塾だが、同時に「わたし」が運営する「教室」なんだ、という意識が強くはたらいたからだ。

学力をつけ、志望の学校に進学できるように学習指導をおこなうのが塾の本旨だ。ただ、「志望の学校」って何だろう。自分がやりたい事って何だろう。進学先を決めると言うことは、同時に自分のやりたい方向性を定めることでもあり、自分自身を見つめるきっかけにもなる。私はそうした子供達の「良き相談役」となり、出来れば「良き指南役」になれれば、と強く思った。

私自身がたいした人間ではないが、自分をみがき、この教室に集う子供達と切磋琢磨し、その心とふれあうことができれば、と考えた。そうした意味で、ここは「学習塾」であると同時に「教室」でもある。大きな言い方をさせてもらえば、「生き方」を学ぶ「教室」でありたい。

勉強についての相談はもちろんだが、自分の生きる道についての相談を受けることができるよう、そうした信頼関係が築けるようにいつも努力してきたつもりだ。20年前は「良き相談相手のお兄ちゃん」だったのが、今は「良き相談相手のお父さん」にはかわったが・・・。

今年も、原点にかえってもう一度自分を見つめ直してみたい。「塾」であると同時に「教室」としてのmiyajukuを。